単身で一人暮らしの引っ越し料金を安くおさえるには

単身で一人暮らしの引っ越し料金を安くおさえるには

単身で一人暮らしの引っ越し料金はどのように計算するのかというと、通常、2トントラックと2人の作業員で見積もりするケースが大半です。

 

そして引越し先の距離によって料金は異なり、

 

同一市内の近距離なのか同一県内の中距離なのか

 

あるいは

 

県外の遠距離なのか

 

で費用は違ってきます。

 

車の使用料金や高速代金、ガソリン代などは実費として加算されることが多く、エアコンなどの取り付けがあると有料オプション代金として別途請求されます。

 

単身パックを利用するのも良い

一人暮らしの人が引越しする場合、荷物の量や移動距離で料金は決まるのですが、多くの引っ越し業者は安くて手軽に引越しできる単身パックや単身プランを用意しています。

 

全国には沢山の引越し業者がありますが、一人暮らしの場合、料金を計算する時は荷物の量と距離で判断します。

 

一人暮らしの料金は普通に頼むと高くなりますが、単身パックにするとお得な費用で引越しができるので、かなり費用を抑えることが可能です。

 

 

ただし料金が安くなるのは、概ね30km以内の距離でかつ少量の荷物の場合で、運搬する家具の量や移動距離によって費用は大きく異なります。


 

たとえば2トントラックで収まり切れないような場合は、費用が割高になるので注意が必要です。

 

いずれにせよ、単身パックの料金には運搬費と人件費も含まれているので、短い移動距離で少量の荷物なら断然お得になるでしょう。

 

まとめ

単身で一人暮らしの引っ越し料金は、荷物の量と移動距離で計算し、業者が距離と荷物の量を確認しながら決定します。

 

一人暮らしでの引越しなら単身パックがオススメで、かなり料金を抑えることができますよ。

 

足元を見られないために一括引っ越し見積もりしました

引っ越し費用はボッタクられたくないので最低2〜3社は見積もりをしたい。地方だと2倍くらいの差があるケースもよくある。

 

さらに引っ越しはとにかくやることが多い。3社見積もれば20分はかかる。
見積もりサービスなら入力項目が少なく1分くらいで料金比較が終わります。

 

 

引っ越し見積もりするならこのサイト

単身で一人暮らしの引っ越し料金を安くおさえるには関連ページ

二人暮らしの引っ越し料金を安くおさえるには
二人暮らしの引っ越し料金は、一人暮らしの料金の相場を2倍にした費用を考えておくといいでしょう。
三人暮らしの引っ越し料金を安くおさえるには
特に子供がいる家族の場合は、高くなりがちなので、安く費用を抑えるために複数の業者に見積もりを依頼しましょう。
四人暮らしの引っ越し料金を安くおさえるには
費用はそれなりに高くなるので、必ず一括見積もりで複数社に見積もりを依頼しましょう。